車麩しんなり2号

ダラダラ旅がすき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬といわき湯本! 最終日★

温泉街満喫したので、早めに湯元を出て、お土産買いに海沿いへ。


f224.jpg

ら・ら・ミュウでざっくり買って。



f225.jpg

地元っ子オススメ食堂で最後の海鮮祭。

いわきいいとこだー。

仕事さえあれば移住したい。



f226.jpg

食堂の外観。



f227.jpg

帰りも、ちょこちょこと高速SAで休憩。


楽しい旅だったなあ。

犬も泊まれて、一人旅可能な宿は少ないんだよね。

今回も、連泊するという条件で受け入れだったから。



次は犬っ子は留守番かな。

観光が楽しいわけじゃないもんね、犬は。

スポンサーサイト

テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/10/31(月) 13:52:44|
  2. 2016.6 福島いわき湯本犬連れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犬と一人旅 いわき湯本! 4日目☆

f145.jpg


いきなりブレブレの犬っ子。

雨降りだったので、誰も停めてない地下駐車場でちょっとだけ遊ばせる。

雨なのに濡れないヒャッハー!! な状態。




f146.jpg

地下駐車場には無料の洗濯機がある。

乾燥機は館内で有料だったと思う。

ここに住みたい……。




f147.jpg

雨だしちょうどいいや、ってことで、全天候型施設「スパリゾートハワイアンズ」へ。

宿から車ですぐだった。

さっきハワイアンズの公式サイトみたら、首都圏から送迎バスもあるんだね。

人間だけならこれを利用したいところ。


f148.jpg

入場料を払って、レンタルムームーを借りるかちょっと迷う。




f149.jpg


そんなん着なくても十二分に南国仕様だよ……(ヨレT、ハーパン、ビーサン)ということで、借りずにさっそく中へ。

絶叫滑り台が好きならよかったけど、苦手なので未体験。

施設内は28度設定で、むわっと暑い。

床に温水パイプが張り巡らされてるのか、裸足でホカホカした。


暑さのタイプはハワイっていうより、雨季の東南アジアっぽいです。




f150.jpg


ココがフラガールに会えるステージ。

奮発して、指定席券GET。


SとSS席があるけど、SSはホントに目の前だし、最後にフラガールたちと記念撮影できるので、迷うならSSおすすめ。




f151.jpg


空いている休憩室をチェック。



f152.jpg

まずはゆっくり見学しよう。



f153.jpg

金の浴槽。

無駄に重そうだし警備が面倒くさそう。




f154.jpg

昭和ほどんど最後まで使われていたんだって。

今は三日月だかどっかのホテルに現役生がいるね、一個盗まれた……。



f155.jpg

そう、昭和な私には「常磐ハワイアンセンター」の呼び名が定着している。




f156.jpg

映画「フラガール」の衣装。



f157.jpg

タイルかわええ♡



f158.jpg

さて次はプール見学。



f159.jpg


f160.jpg

流れるプールの水槽が結構本格的で良かった。




f161.jpg

与市ゾーン。

和風のお風呂と、蕎麦屋、土産物店がある。



f162.jpg

ココの他にもマッサージなどあり。




f163.jpg

大浴場。

ロッカーが無料じゃないのが微妙。



f164.jpg

おお、テルマエ・ロマエの世界~♪



f165.jpg

暖かい階段。オンドルっていうの?




f166.jpg


f167.jpg


f168.jpg


f169.jpg

屋外温泉プールは大雨なのでガラッガラでした。

ヒーリング音楽が聞こえる小さい露天風呂がなかなかよい感じ。

でも、お湯は宿のほうが断然いい。




f170.jpg

また中に戻る。


f171.jpg

ちょっと滑ってみたいけど、怖いな。




f172.jpg

昼時になり、与市エリアへ。

おみやげは、ハワイアンズホテル内にも大きい売り場があるので、そこで揃うよ。



f173.jpg

与市エリアはクーラーが効いているので、お風呂で火照ったらここに一時避難するのもよいかと。



f174.jpg

蕎麦屋で板わさ。

お酒の誘惑……でも車なんだよおおおおおおお!!



f175.jpg

ツルッとおいしい蕎麦。


食後は和風の露天風呂に入って(注意、ここは石鹸、シャンプー禁止なので先に大浴場で洗っておきましょう)、さっきチェックした閑散休憩室でごろ寝。



f176.jpg

それから、メインイベント、フラダンスショー。



f177.jpg


f187.jpg

この方はソロダンサー。

ダンスはよくワカラナイけど、断然華がある。



f188.jpg


f189.jpg

皆かわいい。


f190.jpg


f191.jpg

ファイヤーダンスのお兄さんもカッコいい。



f192.jpg

正直、ハワイで見たのより好きかも。

サービス精神旺盛で楽しかったよ。



f195.jpg

通常営業しながらの、改装工事。
この辺が現実的。




満足して宿に帰り、そういえばここにはペット用温泉があるんだった、と思い出してスタッフに見学させてもらった。

犬っ子は全然風呂好きじゃないので、私が見ただけ。



f197.jpg


f198.jpg

可愛い湯船、そして、人間用より充実したアメニティ。



f199.jpg

夜は湯本駅から少し歩いたとこにある、海鮮の店「海幸」へ。


f201.jpg

地酒「又兵衛」純米オリジナルラベル。



f202.jpg

お通しの魚のゴマ揚げ。


f203.jpg

カツオ酒盗。

日本酒にはこういうのが合うねえ……しみじみ。

でも手作りではない。



f204.jpg

もずく酢。


f205.jpg

カツオ刺身。

おすすめされたけど、身が割れててちょっと残念だ。


f206.jpg

都内のほうが競争が激しいので、お酒は安いかもしれない。


f209.jpg

とにかく、ボリュームがすごいのでここも数人で行ったほうがいいお店。


f210.jpg

名産らしき、ウニの貝焼き。

これは、あんまりすきじゃないかな。

ウニは生が好きだと思った。


一皿の盛りが多すぎるから、ちびりちびりやるにはちょっと厳しいと、2軒目に突入。


初日に行った「おかめ」へ。

知り合った地元の方にもLINEで声かけて、合流することに。


f213.jpg

ここが湯元は一番好きだな。一人でお気楽で美味しい。



f214.jpg

f215.jpg

大好きな岸部一徳のサイン発見。

テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/07/31(日) 15:01:37|
  2. 2016.6 福島いわき湯本犬連れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

犬と一人旅 いわき湯本! 3日目☆

f053.jpg

アサーー(*´∀`*)

犬の散歩ですぜ。

ここは宿の近所の温泉神社。鳥居の左奥に、地味な岩があるんだけど、その天辺からも温泉が湧いている。



f054.jpg


植え込みに隠れてもったいなーい。



f055.jpg


延喜式にも載っている由緒ある神社だよ。

夏越の大祓が近かったので、茅の輪が置いてあっていい匂いだったな。



散歩して、足湯寄り道して、ゆっくり1時間。



f056.jpg


その後、犬っ子留守番で、ちゃちゃっと「アクアマリンふくしま」(←クリックでアクアマリンふくしまHPへ)行ってきたよ~。

社会科見学の子供ばかりだった、平日なので。



f057.jpg

思ったより3倍デカイ。

意外と歩きそうだ。




f058.jpg


水族館の手前に、最近できたばかりの「縄文の世界」。

あまり期待せずに入る。




f059.jpg

縄文感とは……




f060.jpg

※イメージ

つまり居ません。




f062.jpg

人口滝の裏側は気持ちよかったよ。



f063.jpg


縄文の向こうにクレーン。台無し。

隣の敷地の重機まで規制できないもんね。


f064.jpg

川釣りの参考にじっと見つめる……←ロクに釣れたことはない。



f065.jpg


さて、ようやく本番水族館。


神戸の地震後に造られたため、耐震性にこだわっていたので地震の被害も少なかったらしいよ。



f066.jpg

古代の海から順に巡っていきます。

宝石みたいなアンモナイトだよ。



f067.jpg

古代魚が古代魚を食らう。



f068.jpg

しばらく行くと、森のなか。



f069.jpg

ふくしまの川と沿岸をテーマにしたエリア。



f070.jpg


f071.jpg

また釣りの参考にじっと……




f072.jpg

次はふくしまの海~♪



f073.jpg

観よ、このメヒカリの群れ。

ああ、美味しそう…(^q^)




f074.jpg

ガスっててよくワカリマセンが、窓の向こうは海です。




f077.jpg

マングローブエリアかな。



f078.jpg

こうして水上と水中両方見えるのはいい。



f079.jpg

珊瑚ちゃん。



f080.jpg

チンアナゴちゃん。




f082.jpg


北海エリア。

美味しそう。




f083.jpg


水のトンネル。

これは気持ち良い~(^o^)

マグロがグルグル泳いでてコレもまた美味しそう。




f089.jpg


茹で上げたい。




f090.jpg

高足ガニ。

おいし(略




美味しそうもしくは、コレ食べられるのかな、しか感想がない。

子供の群れに混ざって、バックヤードツアーに参加してみたよ。



f091.jpg

ここで、水槽の温度管理。

適温と、実際の温度がわかるようになっている。



f092.jpg

おお、冒険感。



f093.jpg

水槽の水を冷やす装置。

これは比較的薄い方。

冷却板をもっと挟んだ分厚いやつは、北海エリアなどで使う。




f094.jpg


青い箱は水槽。この向こうに魚がいて、アクリルの窓があって、お客が見ている。



f095.jpg


f096.jpg


水族館って、建物の三分の二はバックヤードなんだって。


f097.jpg

掲示板。



f098.jpg

血が濃くなり過ぎないよう、生まれた海獣はあちこちの水族館とやりとりして繁殖させている。

いくらかかるのかは訊けなかった(子供だらけだし……)



f099.jpg

震災の後、クウェートから大金が寄付されたそうだ。

一番右がアクアマリンふくしまの館長。

業界では有名な凄い人なんだって。



f100.jpg

ラボ。

ここでちょっとした海獣の手術ぐらいならできるみたい。

レントゲンも撮れるって。




f101.jpg

搬入口。

このトラックは魚を運ぶ専用。

もちろんまた、いくらか聞きそびれた……。

つい最近、カツオを奄美から運んできたそうだ。

カツオなんて目の前で捕れそうじゃない?

でも、いきなり水槽に入れるとアチコチぶつかってすぐ死んでしまうんだってさ。

なので、海の大きな養殖用の網の中で、徐々に狭さに慣らした鑑賞専用の魚を仕入れるんだそうだ。

水族館の入場料がいいお値段なのも、納得。



f102.jpg


f103.jpg

水滴がポタポタ落ちる中を、くぐって跨いでさらに進む。

水滴は水漏れじゃなくて、湿度が高いから。

冷水のパイプに結露して落ちてくる。



f104.jpg

密閉式濾過器。


f105.jpg


f106.jpg

開放式濾過器。

こっちのほうが綺麗になる。

で、海獣は外の空気を自分で吸えるので、多少は耐えられるってことで密閉式なんだって。

水質で病気になることもあるもんね……



f107.jpg

これ、「よく冷やす」方の冷却板。

分厚い。



f108.jpg

水族館の岩はダミーだけど、よく出来てるねえ。



f109.jpg

ホルマリン漬けの部屋。



f110.jpg

ここじゃなくて、別の場所で死んだアザラシの赤ちゃんの剥製。

触って良い。


f111.jpg

短毛の犬の毛に似ている。




f112.jpg

バックヤードツアーが終わって、サンゴ礁の浅瀬前で解散。

楽しかった……満足。

ガイドは地元のボランティアが担っている。

感謝。



f113.jpg

サンゴ礁……南国恋しい……



色々みて、子供向けの体験ゾーンにたどり着く。


f114.jpg

釣り堀。




f116.jpg

生簀。

時価、の文字が怖い。



f117.jpg

この日は閑古鳥だったけど、土日は混むのかも。



f118.jpg

タッチプール。

ふーんと覗いていたら、暇そうな職員さんがウニを手のひらに載せてくれた。

もぞもぞ動く針。

昔よく割って食べました~、美味しいですよね、と言いそうになってぐっとこらえた。



f119.jpg

小さい毛ガニ。

大きい伊勢海老もいたけど、すごい逃げる。

だんだん動きが虫っぽく感じてきて、萎えた。

食べても良ければ虫でも鷲掴みなんだろうけどさ。



f122.jpg

フェンス越えたらすぐ海なのに、敢えての人工海岸。

まあ、いまこの辺は海水浴場も閉鎖されてるので、子供には良いかもしれない。



f121.jpg

海岸に無造作に置いてあるけど、ザトウクジラの頭の骨だよ。



f126.jpg

展望フロアにちょっと行く。


f127.jpg


f129.jpg

周りは工場がいっぱい。



f130.jpg

さて、そろそろ出口。

珍しい金魚の展示。


金魚らしからぬサイズに驚く。



f131.jpg

シーラカンスに関する展示。

だけど、この子はシーラカンスではない。



f132.jpg

「仮面シーラカンス」だって。

ハタの仲間みたいで美味しそうだ。




f133.jpg

クウェートが寄付してくれたのは、お金だけではない……



f134.jpg


f135.jpg


f136.jpg

た、楽しみにしていたのに、今日はお休みだった……orz

イヌ科最小、砂漠キツネたち。

小さいけど、放熱のため、耳はやたらデカイ。



f137.jpg

ちょっとがっかりしながら、水族館を後にする。

でも総合的には大満足だ。



f138.jpg

水族館のあとのお約束、お魚ランチだよ!



f139.jpg

お店からの景色はこんな。



f140.jpg

刺盛り御膳1,550円。

ドドーーーン!!

刺し身はもちろん、アジフライ(右上)も素晴らしい。

サクッとした衣、フワッフワの身、弾ける旨味。

そして、青魚の臭みゼロ。

ものっすごい新鮮なんだと思う。


車なのでビール飲めないのが残念すぎるうううう!


平日なので、観光客より地元のサラリーマンが多かったよ。

もう少しリーズナブルな定食や丼もあるので、地元民なら週一で通うわ。





帰って温泉浸かって、夜。

和食はいいな、昼食べたし、駅前の台湾料理が気になったから行くか……夕方から降りだした雨の中歩く。



f141.jpg

うん、この「普通の佇まい」が安心するの。



f142.jpg

とりあえず生頼んで、店のTVを見上げてぼーっとする。

すると、常連らしきオヤジが「ママと旦那は?」と店員に訊いている。

店員「私がママ、前の夫婦はクビ」

オヤジ「ああ?!」

オヤジ速攻、合流予定だったお友達に電話。

旦那が料理していたのか、味が違うはずだから別のとこで待ち合わせようという会話……。


私、これはヤバイやつだ……とツマミだけ頼んでさっと出た。


f143.jpg

f144.jpg

不味くするのが難しいものを頼んで終わり。


コンビニで乾き物買って、横殴りになった雨の中宿に帰る。

一人と一匹で、TV見ながら晩酌。

台湾料理は残念だったけど、こんなゆったりした宿の時間もいいもんだ。



テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/07/25(月) 19:01:30|
  2. 2016.6 福島いわき湯本犬連れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犬と一人旅 いわき湯本! 2日目☆

f028.jpg


犬っ子と早朝散歩。

途中足湯に寄り道。

源泉が熱いので、上の皿みたいなとこでさましてチョロチョロ貯める。

それでも熱いので、右側にはさらに自然に冷ました「ぬる湯」ゾーンがある。

湯本にいるあいだ、カサつきがちなかかとがいつもしっとりしていた。

温泉効果スゴイ。



f029.jpg


銅像でも人型だと反応してしまう犬っ子。

愛想振りまくも、意味なし。

なんでだ? って顔してた。



f030.jpg

次はシャボン玉の少年。

野口雨情の「しゃほん玉」つながり?

湯本は野口雨情が痔の湯治に来てたらしい。ホントなのかしらんが。

雨情記念館みたいなのも宿の側にあるけど、痔の治療程度の縁で(後の奥さんとの縁の場所でもあるけど)記念館作られるって切ねぇ……


f031.jpg


忠犬と(可愛いけど)駄犬。



f032.jpg


朝はコーヒーのみ、昼はコンビニおにぎり。

あとは温泉入って犬っ子とダラダラ。


せっかくの源泉掛け流しだもの満喫しとかないと……

(と言いつつ、湯あたりしやすいので一回は15分ぐらいなんだけどさ)



で、昨日出会ったご夫婦の経営するお店に予約いれてからお出かけ。

湯本駅の駅舎綺麗でしょう?

おみやげも買えるし、コンビニもあるし、さらにはもっと良い物もあるのだ。



f036.jpg

フラガールと湯けむりに出会える町。

フラガールも後日会いに行くぜ……フハハ。



f035.jpg

私の家の最寄り駅とそんなに変わらない感じの長閑さ。



f033.jpg


「さらによいもの」コレ。

なんと、駅のホームに足湯


贅沢……待つのも苦じゃないよ。

駅前のロータリーにも足湯あるんだよ?

それなのに構内にも作ってしまう。

お湯豊かなのねー。



f034.jpg

テーブルもあっていい感じだと思ったら、こんな素敵な案内が。

足湯しながら生ビール呑めるのよ!!!

生ビールと名物カジキメンチで待ち時間充実。



でも我慢なの、今日は美味しい鮮魚と日本酒の気分だったので。



f037.jpg

乗車して10分ほどで、都会、いわき駅に到着。



f038.jpg

もう、めっちゃ都会。

わが町に比べたら1000倍ぐらい都会。



f039.jpg

チェーン居酒屋の二階にある、「浅草だるま屋」が今日のお店。


ググるといろいろ出てくるけど、食べログとかはしゃらくさいので、地元密着ABCいわき情報館の「浅草だるま屋」ページ←クリックで別窓開きます。


オーナーマダムに、「なんで浅草?」と訊いたら、板長さんが浅草で修行してたので、とのこと。

マダムすごい明るくて楽しくて、また一緒に呑みたい~!

旦那さんも優しくて素敵な人なんだよ、ほんと、仲良しで羨ましい……。



f040.jpg

お通し。

結構ボリュームある。



f041.jpg


最初から日本酒。

これは夏向きの生だったな。



f042.jpg


夏といえば、岩牡蠣でしょう!

贅沢~。美味え~!




f043.jpg


焼きそら豆。

ホクホク。

塩が美味しくて、特別な塩? と尋ねると、ヒマラヤのピンク色の岩塩を挽いたもの、とのこと。

これ舐めながらずーっと呑みたい……



f044.jpg


この辺りの夏の味、メヒカリの握り。

酢飯が赤酢で、小さめでほろっとしてるのが、いい~。

メヒカリって、生で食べたの初めてかも。

身が「弱い」と言われるイワシよりも更にふわふわ柔らかくて、脂が細やかで、コレは鮮度保って埼玉のど田舎までは来られないお姫様魚だなと。


また次の夏も食べたい。



f046.jpg


ショーケースで輝いていたつぶ貝を刺し身で。

お酒はぐんぐん進む。

最初の生のあとはずっと、香り穏やかな純米酒。

若い衆で、日本酒が得意な人がいたので、全部おまかせ。



f047.jpg


浅草だるま屋のカードを写す。

近所だと予約でデリバリーもしてくれるんだって。

板さんも格好良くて、目の保養だし、たまらんですよ……。


マダム、ぼっち客の私の相手をしてくれてありがとうございました\(^o^)/



あと、画像ないけどホヤ酢も食べたの、すんごい美味しかった~。


飲み助の私のスタイルだと参考にならないけど、よほど大食いじゃなければお腹いっぱいおまかせでお寿司食べて、呑んで、6,000円ぐらいで収まるかと。


一皿のボリュームがあるので、一人より数人で行ったほうが楽しいでしょう。


f048.jpg


また来るぜ、と近い、湯本に帰る。



f051.jpg

夜のシャボン玉と忠犬は、なんか寂しい……



フワフワ歩いて宿に着くと、犬っ子は眠っていたのかヨダレを片頬にくっつけて迎えたくれた。

いい子いい子。

じゃれて遊んで、そのまま寝落ち。


せっかくの源泉掛け流しなのに、15分入浴をちょこちょこ繰り返しただけなのがもったいないけど、まあ、無理して入るものでもないし……

テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/07/17(日) 21:16:22|
  2. 2016.6 福島いわき湯本犬連れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犬と一人旅 いわき湯本! 1日目☆

さて、中古軽自動車を購入して節約生活なくるまぶですが、皆さんお元気ですか。


今回もまた国内旅行です。


南国も恋しいんだけど、東北も恋しかったんだよー。


福島は会津はよく行ったんだけど、いわき方面まだだなと思い、「犬と一人旅」で検索してたどり着いた宿に予約を入れました。


犬と一人旅。

本来、今回の宿も受け付けてないらしいんだけど、連泊する!っていってオッケーもらったの。

独り身が多いのに、犬と旅ってハードル高いわ。

アレルギーが有る人も多いので、仕方がないんだけどね。



f001.jpg


f002.jpg


では出発。

犬っ子はもうはしゃぎまくって最初からテンションがやばい。


一時間ごとに休憩しようと決めて、のんびり出発だよ。



f003.jpg


守谷SAかな。

いろんな店があったけど、灼熱でとても犬だけ置いて買い食いできなかったよー。

パン屋さんが美味しそうだったよ!



f004.jpg


f005.jpg


日陰を散歩して、ちょっと休憩。

暑くてとろける犬っ子。



f006.jpg


次は友部SAだよ~


快適なSAが増えていいねえ。


ここでもとても暑かったよ。

予報と違いすぎ!!



f007.jpg


ところが……

中郷辺りで土砂降りだよ。


おおぅ……



f008.jpg


出るに出られない大雨。

車内で休憩して、北茨城で下道を往くことに。

だって、高速道路なのに川みたいなんだもん。

危なくって高速なんて出せないよ。



途中に寄ったコンビニの店員さんがとても親切だった。

雨雲が追ってきてるよ、ここもすぐ大雨だよ、と言ったらあら大変と驚いていた。

お国言葉も柔らかく感じ良い。



f016.jpg


ゆっくり運転で予定より30分遅く宿に到着。

ここが、スパホテルスミレ館


見た目も中身もふつーの地方のビジホなんだけど、お湯が素晴らしいの!!


源泉をタンクにも溜めず、湯船に直だよ。

ぜいたくーーーー!!

その代わり、源泉熱いけどね。

あと湯船はそんなに大きくないよ。

合宿所ぐらいだね。

洗い場は3つかな。



でもお湯だけ求めて来る立ち寄り客が多いので、温泉好きにはいいと思うな。

私、一度目の入浴の半日後には、なかなか治らなかった手湿疹が治りかけてたもの。



f009.jpg

部屋はこんな感じ。

既に布団セット済。

犬用水入れとエサ入れあり。

トイレは持参で。



人間用はサイトに詳しくあるけど、不便はないよ。

トイレも風呂もついているしね。




f010.jpg

ペット部屋は5階。

窓からの景色はこんな感じ。



f013.jpg

FreeWi-Fiあるけど、部屋で電波は2本ぐらいしか立たなかったよ~。



f014.jpg


まず犬っ子にいつもより豪華な餌を。

ガツガツいきます。




f012.jpg


部屋は予め冷房もつけておらず、冷蔵庫もスイッチオフだったので、汗だくな私。


いいよね、もう。ビール。


これは、宿の近所の地元スーパーで購入した。

ありがとうスーパーマルト。

マルトは地元に根付いたスーパーだよ、レジもお客ものんびりムードで良い感じだよ。

混み合ってもレジに増員なし、お客もイライラ怒ったりしていない。

……異国……。

そうだよ、旅とはそういうものだよ。



f015.jpg


手作り感が温かい、飲み屋マップ。



f017.jpg


宿の近く、湯元駅ロータリー、そして湯本駅構内に源泉掛け流し足湯。

豊かすぎるだろういわき湯本……住みたい。




f018.jpg


スミレ館から7分ぐらいで湯本駅。

そこからすぐのところに目的の一軒目がある。



f019.jpg


宿の飲み屋マップにも載っていた、A家食堂。

いわきなのにいきなりの、沖縄料理。

そのぐらい、部屋が熱帯だったのよおおおおおおおお!!

汗だく。

化粧なんか濁流になって落ちたわ。


地酒よりオリオンビールだっ!


f020.jpg


店の前にはこの銅像が。

街中に銅像があるんだよ、いわき湯本。

これはだれの作品だったかなあ。


黒川晃彦「花束」? うーん、忘れちゃった。


f021.jpg


店内のステンドグラス。

中のインテリアも基地のある街みたいで面白いよ。


f022.jpg

はいー、東北なのにオリオンビール生とお通し。

らふてーと沖縄野菜のピクルスだったよ。

ゴーヤーの苦味が美味しい……暑かったもんね。



f023.jpg


もずくの天ぷら!

沖縄といったらこれだなあ。

サクサク、ちょいネバで旨い。

添えられた塩が、雪塩? なんかすごく粒子が細かい旨味のある塩で良かった。




f024.jpg

アッシーミミガーという、豚耳の薄切りをバターで炒めたもの。
コレすんごい美味しい。

塩がちょっときいてて、ビールに合う合う。

この近所に住むにはどうしたらいいか真剣に考えた。



f026.jpg

まだ一日目だしな!

もう一軒行くか!

ってことで、駅前の居酒屋「おかめ」へ。

地元っ子と出張組が多い、一人でも安心の居酒屋。

ここで知り合った人にお店や美味しいものを教わった。

酒場は情報収集の場……ドラクエで学んだ大事なことだ。



f027.jpg

……で、酔っ払って、宿まで歩いたつもりが宿とおりすぎてこんなお寺の門にたどり着く。

ここで化かされても文句言えないなあ……


てへ。

↑(*ノω・*)テヘ じゃねえよ……。

犬っ子、不機嫌だったなあ。

ダメ飼い主は特別なおやつでご機嫌を取ってせっかくの温泉を味わわず寝落ち。


どこ旅してもこんなもんよ……

テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/06/29(水) 18:41:12|
  2. 2016.6 福島いわき湯本犬連れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

くるまぶ

Author:くるまぶ
くるまぶです。埼玉西の田舎民。何を血迷ったか中古車を購入しました。リンクフリー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (271)
旅行記グアム (11)
旅行記 クラブメッドビンタン (23)
バリ サヌール旅行記2009 (32)
サヌール・スミニャック2009. (28)
2009・11月バリ旅行 (25)
2010春エピナール (11)
サヌール旅行記2010.5 (26)
セブ旅行記2010 (15)
サヌール旅行記10.10 (20)
2012.2サヌール旅行記 (21)
2012.6パダンバイ・サヌール (12)
1012.12サヌール・ウブド (12)
2013.3 サヌール1ヶ月 (15)
2013.10 パダンバイ・サヌール (20)
2014.3~4 スペイン(ちょっとドバイ)旅行記 (51)
2014.10 サヌール旅行記 (14)
札幌オフ会 (4)
2015.05 タイ・サムイ島 (17)
2015.10 伊豆高原 (2)
犬と一人旅 (1)
2016.6 福島いわき湯本犬連れ (5)

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。